読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神栖のでんきやさんです。

茨城県神栖市のPanasonicのお店のブログです。

********************************************************************************
「街の電器屋さんは高いでしょ!」新しいお客様には必ず言われます。


◆「高いのにどうしてロッコウで買うの?」って疑問の方は・・・
  • ここを読んでみてね(経営理念)

  • ◆「高いのに選ばれているのには理由がある」
  • ここを読んでみてね(ロッコウのこだわり)

  • ****************************************************************************
    家の中のどこに連絡していいかわからないお困りごとは、
    お気軽にロッコウまで!
    0120-650-817(ロッコーはやいな)
    TEL:0299-96-3014
  • 鹿光電業ホームページ
  • メールでのお問い合わせはこちらから
  • ***************************************************************************

    課題1♪

    ロッコウに入社して初めてのお給料日には2つの課題があります。

    すでに、何度もこのブログに紹介していますが、


    課題1は、、、

    育ててくれた親にプレゼントを贈ること。


    従業員は親が欲しそうな電化製品を探って、
    送ることになっているのですが、
    新人君たちの初給料日♪ - 神栖のでんきやさんです。 




    研修生は違います。


    この記事をカンニングしていた橘は
    この課題を言い渡される前から
    これにしようという電化製品を決めていました。


    私から一喝!

    「電化製品はダメ」

    だって、実家は電器屋なんだから当たり前じゃない(笑)
    そんな簡単に課題はクリアーできませんから。



    「え〜でも・・・それがいいと・・・」

    ぶつぶつ言っているから、


    「どうしてもそれがいいなら、実家で仕入れてプレゼントしろ。
    お兄ちゃんもお父さんも今キャンペーン中なんだから
    点数にもなるだろうよ 」



    と、店長も一喝!
    キャンペーンは達成するばいいくらいにしか考えてないから
    点数なんて気にしてません。
    (達成しないかもしれないけどw ま〜それも面白いね〜w)


    店長、かっこいいわぁ〜♪


    話が逸れちゃったけど




    橘、課題1クリアー♪


    気合を入れてラッピングさせていただきましたよ〜

     


    そうそう、課題1は、「これを開けた時、親が涙ぐみそうなもの。」

    当たり前なプレゼントではなくって、
    親が号泣するくらい喜んでしまいそうなものを考えて
    悩んで、探して・・・

    その喜んでいる姿を想像する力を養ってもらうための課題1なのです。
    で、それをしている時、自分もハッピーになっていることを体感してもらう。



    人が喜ぶって・・・モノじゃないよね〜。
    その思いだよね〜。


    って、ことに気づいてもらう課題でした♪


    もちろん親なら息子から何をプレゼントされてもうれしいだろうけどね。



    いちばん、大切な人を大切にできない人が
    他人を喜ばせる仕事はできないでしょ。



    私たち電器屋さんの地域専門店は、

    日常の生活を電化製品を上手に使っていただだくことで、
    快適にしたり、楽しくしたり、安全にしたり、、、
    そんなお手伝いをしているのです。
    ただ、電化製品を販売しているわけじゃ〜ないんですよね。



    家事や炊事を時短して・・・
    子供の時間を増やしたり、自分の時間を増やしたり、
    お母さんを笑顔にすることが家族の幸せ♪


    女性に(男性にも)幸せになってもらって、
    元気に家の事をしてもらえたら、地域も明るくなるって
    私、思うんですよね。

    そんなロッコウを支えてくださっているお客様への
    プライズはウチお店は半端ないですよ。



    まずは、身内を幸せにしようね。

    あっ!違うね。

    まずは、自分が幸せなことに気づこうね♪


    自分が幸せな人は、家族を幸せにできる(^O^)/


    自分も身近な人も幸せにできない人は、

    お客様を幸せにすることなんてできないって私の持論♪



    だから、こうやってスタッフがバカなくらい飲みまくって、
    騒ぎまくってる姿を見るの大好き♪
    (自分もバカ騒ぎするからか 笑)



    (ふるさと藤さんで橘の歓迎会)



     
    (二次会でバカになる様子)


     
    (ほとんど、バカ 笑)





    ちなみに、課題2は教えません。

    カンニングするヤツがいるので 笑


    ちなみに、橘は2回目でクリアーになりました。



    お父さんお母さんは涙ぐんだのかな・・・?


    ロッコウの研修終了は、何かを販売することじゃありません。
    涙が出るほどの感動をお客様にしていただくことです。


    (感動ってしてもらおうと思ってするものじゃないから、
    めちゃくちゃ難しいんだよね〜 )



    橘、2年で自店に帰れるのか?


    がんばれ〜(^O^)



    お・ま・け

    お客様のために(?)
    ここまでする、ロッコウ男子、素敵でしょ♪





    お母さんを笑顔にするお手伝いは
    ロッコウにご相談ください♪